スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北緯40度を答える問題(地理)

時々出される、北緯40度を答えさせる問題。

1年生の学年末テスト・社会、
アメリカ合衆国の地図に引いてある緯線のうち、
どれが北緯40度か選べという問題。

37度(サンベルト)じゃなくて40度ですか先生!


インドア太郎の選んだ緯線は、残念ながら少しばかりメキシコに近すぎた。
ていうか先生、この問題シビアすぎないデスか!?
メキシコよりちょっとだけ北の緯度って…何度? キリのいい数字じゃなさそうだ…


サンベルトの位置が分かっている生徒をひっかけるためといえ、
ちょっとシビアすぎるひっかけ選択肢な気がしました…(まんまと引っかかったが)
だから学年平均点40点台なんじゃ…(- -;)

でもまあ、定期テストですから。



…と思っていたら、今年の県の公立高校入試に、
北緯40度を答える問題が出てたよ。
世界地図に引かれた緯線を見て、「北緯10度 北緯20度 北緯30度 北緯40度」から選べと。

友美、「なんで40度なんだ~っ」

と、謎に思ってしまいました。


サンベルトが北緯37度、朝鮮半島の軍事境界線が38度など、
40度付近にイロイロあるし、日本も通ってるからですかっ!?と。


そういえば進研ゼミの暗記ブックさんにも、
「岩手はイタリアと同じ緯度」
と書いてあったな。

あれも、「ふ~んそうなんだ。……それで?」
と、ずっと謎に思ってた。

なんでそんなこと答えなきゃならんのだ、
いったい、岩手に何があるというのだ、と。

ハッ、もしやそれも北緯40度なのでは… 
と地図帳を引っ張り出して見ればビンゴ。

岩手と秋田は北緯40度の線が通っている~。



その後も、地図を眺めつつ、
「なんで北緯40度を答える問題が出るのか…」といろいろ考えたけれど、
結局のところ、

「日本の本州を通る、キリのいい数字が北緯40度だから」
ということにしておきました。

 50度だと日本じゃない(サハリンの北側)、30度だと屋久島のちょっと南あたりという中途半端なところなんですよね…


実は35度の緯線の方が本州を多く通過するのですが、さすがにそんなシビアな…ねぇ?
(ちなみに45度は北海道のさきっちょです)


北緯40度は、日本の本州を通るだけでなく、大都市ニューヨークの緯度にも近く、
朝鮮半島の軍事境界線(38度)のやや北にある北朝鮮を経て、
中国の首都北京を通り、タリム盆地をつっきり (タリム盆地のことはどうでもいいが…)
中央アジアの国々を経てカスピ海を通過し、 ←これもどうでもいい…
トルコの首都アンカラを通り、
ギリシャ、イタリアの先っちょをかすめ、
スペインの首都・マドリードを通り
ポルトガルへ至る…


……と結構首都を通ってたり。


でも、実際のところは知らないです。なぜ北緯40度が優遇されるのかは。


とにかく、本州を通る「~?0度」の緯線は北緯40度だけ!
朝鮮半島を通る「~?0度」の緯線も北緯40度だけ!


インドア太郎は覚えてくれるでしょうか(- -;)
あやしい気がします。


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。