FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑花試験ファイナル 危機一髪編

今回は、「あやういところで失点をまぬがれた」ような問題を…


【問34】
・フランスの「パリ・コミューンの唄」として知られる19世紀のシャンソン。
・日本では『【  】の実る頃』というタイトル。
・初夏に実る赤い果実

1.いちご
2.りんご
3.ざくろ
4.さくらんぼ
5.黒すぐり


「ぐわー、こ、これは年齢が高い人ほど脊髄反射な問題っ」
高校生とか中学生にはきつかろうな…(>_<)
 ↑
会場にかわいい女子高生と、お母さんと一緒に来ている中学生~または
小学校高学年の女の子がいたのです(!)

 ↑
そ、それはいいとして…
歌謡問題はけっこうそういう年配の人に有利な問題が出ます。


動揺のあまり、最初「りんご」なんてアホな選択肢を選んでしまいましたが、
よーーく問題文を見たら「初夏に」実ると書いてありました(- -;)
「初夏」+「赤色」=さくらんぼだろ!
大変あぶなかったです。
※問題文はよく読みましょう。

(いやいちごも初夏と言えなくもないし、いちごは晩春が旬かなとも思うけど、
春本番でも実ってないこともない気がします…)



【問52】トベラ
・節分には鬼を追い払う魔よけとして門扉や戸にヒイラギに鰯をさしたものや、
 地方によってはトベラを飾る。
・その理由はヒイラギやトベラの特徴を鬼が怖れたり嫌うされるから。
・トベラが持つ、鬼を追い払う特徴はなんでしょう。

1.新芽が尖って剣のようになる。
2.花にさわるとかぶれる
3.花で虫を捕らえる
4.実が熟れると割れて中から真っ赤な種子が飛び出す
5.葉を揉んだり、枝を折ると臭気がある


問題文を読みながら、
「うん、それはフライパンなどで煎るとバリバリと音が出て、その音を鬼が嫌がるから」
…って選択肢にないじゃん!!(◎o◎;)

ガガーン、ショックを受ける私

しかし気を取り直して、
1.違う。尖らない。2.花かぶれない。3.論外
4…はそれはトベラの特徴としてはそうだけど…
5…はそうだったような違うような…トベラって、ちぎったことあるけど、
別に変な匂いはしないんだよね…;

4と5で悩む私。とりあえず4にしといた。

しかし、終了5分前、解答用紙はとっくに伏せた状態でハッと天啓が。

「トベラで使うのは葉! 実、関係ない!正解は5!」

う、うわあぁ、なんとか消して塗りなおす時間があった。
あ、危なかった…


【問66】
・木が一本の枝でつながってる現象の写真です
・男女の深い契りのたとえに使われるこの現象はなんでしょう

1.比目の魚
2.比翼の鳥
3.連理の枝
4.相合傘
5.合体木


…? 枝でつながってる現象に名前ってあるのか…
「男女の深い契り」というなら、「比翼の鳥、連理の枝」っていうのを
たぶん源氏物語で読んだよ。
玄宗皇帝と楊貴妃の話を桐壺帝が自分と桐壺更衣になぞらえている話だったと思うよ。
…しかし、木がこうなってる現象を、「連理の枝」と呼ぶかはどうかは…、、、

で、最初は「合体木」にしてしまったんだけど、見返しの時、
合体木が「男女の深い契りのたとえ」にされるだろうか?と自分に問うと、

そんなことないだろ

と左脳が激しくツッコミを入れてくれました。
右脳の感覚(美意識?)では許せないようですが、
ちゃんとそれを抑えて、テキスト情報と矛盾しないようにしてくれました。
左脳、お手柄…(>_<)パチパチ


※次回は「試行錯誤編」です。


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。