FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強って、飽きますよね

緑花試験対策に、年中植物の本を借りております。
もう飽きそうなぐらい借りています。

趣味の試験で、好きなように勉強していてさえ飽きる。
知らない知識、おもしろい知識をどんどん取り込んでいってさえ飽きる。

…現役子供が勉強に飽きるのも道理だなあ…(- -;)


『いつも目標達成している人の勉強術』という本に、
いいことが書いてありました。

───────────────────────────────────────────────
 勉強を続けていると誰にも必ずおとずれるのが、もう嫌になったという「飽き」の
気分です。
───────────────────────────────────────────────

おおお…私だけではないんだ!


────────────────────────────────────────────────
 でも、「飽きてくる」というのは、ある程度勉強を続けてきたという証拠でも
あります。
────────────────────────────────────────────────

おお!
な…なんか嬉しい。
飽きるほどがんばったのかい。

ずっと勉強を続けてきたお子さんがダラダラしてやってるのは、それは飽きかも。
そして、「飽きるほどやった」ということかも。
なんだか褒めてあげたくなるなあ。
 私んちでは無縁な褒めなのがなんだが…



あ、上のような「大人の勉強本」ジャンルを借りてくる理由は、
おもにモチベーション対策のためです(- -;)


大人でもこれほどにモチベーションが必要、
子供のモチベーションはどうやって保つのだろうか。
(ひとつの方法は習慣化だろうけど…それだけではなあ)


ところで、今回の植物本ですが、
テーマ植物が「桜」だというのもあって、
桜についての本を借りてきました。

後は『日本書紀』…を借りたかったが見当たらなかったので、『古事記』。
現代語訳ですが。
どちらにしろ植物いっぱい出てきますので…
(どうでもいいが分厚い…)

さらに、俳句の植物の抜けを埋めるべく、『小学生のまんが俳句辞典』を。
春夏秋冬の名句が載っています。
こういうところに載る句は、いつ問題で出てきてもおかしくないです。

ええ、もちろん植物の句ばかりチェックしています(- -;)
いずれ、お目にかけるかも
 
(夏目漱石のおもしろい句の載ってるページを桃仁に見せたら、
 そのまま他のページも読んでいて一石二鳥だった)


勉強は飽きるけどがんばろう(- -;)/ぉ~
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。