スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図鑑は、一通りあった方がいいかも

アホ話を。

私「哺乳類って、どういう生物か知ってる?」
桃仁「人間とか」

私「そうだね。他には?」
桃仁「いるかとか、くじらとか」

私「そうだね。他には?」
桃仁「うーん」

私「…犬や猫やうさぎも哺乳類」
桃仁「えっ、そうなの?」

私「牛や馬やライオンやキリンも哺乳類」
桃仁「へ~」


うわぁ;
単純に記憶していた断片的な知識はあっても、
「哺乳類というグループ」の大まかなイメージがないんだ;

強烈だ。

自分は、そういうイメージをどこで得ただろう、と考えてみたが、
それはおそらく図鑑だろう。
子供の頃住んでいた家には、やたらに図鑑があった。

子供用の百科事典もあった。

気に入っていた図鑑もそうでない図鑑もあったけど、とにかく楽しかった。

今の家には、植物図鑑と昆虫図鑑しかないもんね(- -;)

…そういえば、昆虫と昆虫でない虫の違いは、桃仁はよく分かる。
それはやっぱり図鑑があったから…;
あと、虫を見たりさわったり、スズムシを育てたりしたことがあるから…
感覚で分かるのだろう。

何かで触れているか、興味を持たなければ、感覚はつかない


図鑑、なんとなく、小4の今が買い時な気がする。
今買えば読むだろうな、という気がする。
(昔は好きな虫の図鑑だけ買ったけど)

問題は、家がせまいことか…(- -;)

大きい図鑑のが楽しいように思うけど、
子供用ポケット図鑑のシリーズで、
桃仁が気に入っているものがあるから、
それを買おうかなあ…
(そのシリーズの植物図鑑がほしいと言っている。植物図鑑なら、最近子供用の大きい図鑑を買ったのだが…。つ、使い勝手がいいのか?)

桃仁は『科学のアルバム』のファンで、
ほしがっているんだよなあ…
そっちのがいいのかなあ…
考え出すと、ごちゃごちゃしてくる。

しかし…、『科学のアルバム』は
学級文庫や図書館にあるからな、
図鑑のように、時々参照するものを、まず常駐させておいたほうがいいだろうか。





そんな私ですが…実は、カメが爬虫類だと、よく分かっていませんでした。

家に爬虫類の図鑑はなかったのでしょうか(- -;)

博物館でカメの説明を読んで新鮮な驚きを感じました。

あいつがヘビや恐竜やトカゲやワニと同じグループか…と。

私の中ではカメはどこにも分類されていなかったのでした。
そんなわけあるか、と思うけど、エアポケットのように抜けおちていました。

桃仁はカメが爬虫類なことを知っていました。
何ゆえ知ってるのだろうと思ったら、
友達がカメ大好きで、カメの話をよく聞いていたからだったと分かりました(^^;)



イモリが両生類で、ヤモリが爬虫類なことって、よく忘れますよね…
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。