FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数字当ての問題を作ってみる

小4男子桃仁に、昔の遊び「25(ビンゴの五列バージョンみたいなもの)」と「数字当て」を伝授しておいた。
これで学校の休み時間などにでも遊んでくれたまえ;

数字当ては、0~9までの数字を使った、三桁の数字を当てるゲーム。
論理パズルっぽい遊びである。
普段は対戦形式でするのだが…

桃仁「これって、パズルみたいに3ヒントで作れるんじゃ?」
 私「作れると思う(考えればね…(^_^;))」


桃仁は問題を作った。3ヒントでなくて4ヒントになった。

次のヒントから、三桁の数字を当てましょう。
(使う数字は普通の数字当てと同じく0~9。数字の重複はなし)

 (?)(?)(?)

1.両はじを足したものから2を引くと、8になります。

2.両はじの数字は奇数です。

3.一番大きい数字が右です。

4.まん中の数字は2です。



…あっ、ダメだ、これ2つ答えができちゃう(・・;)





私も問題を作った。


 (?)(?)(?)

1.右側の数字は、まん中の数字の2倍です。

2.全部足すと、17になります。

3.りょうはじをかけたものは、まん中の数字に10をかけたものと同じ数になります。



桃仁は一生懸命やっていた。
「いいかげん524からはなれなきゃ…」とブツブツ言っていた。
524だと条件の2番を満たさないのでだめなのである。
解くまでけっこう時間がかかったが、解けたらちょっと嬉しそうだった。





※対戦型の遊び・数字当てを知らない方のために

二人で対戦し、おたがいの隠している三桁の数字を当てっこする遊びです。
使う数字は0~9、数字は重複しません。

1.じゃんけんに買った側が先に、これぞと思う三桁の数字を聞いてみます。(例「381!」)

2.聞かれた方は、その数字が答えにあって、位置も同じ場合は○がいくつ、
  その数字自体は答えにあるが、位置が違う場合は△がいくつと答えます。

  例:答えの数字が「315」だったとき、「381」と聞かれたら「○1つ△1つ」
    と答えます。
    「3」は場所も数字もあっているので○、「1」は答えにあるけれど場所が
    違うので△です。

3.聞かれた側は、今度は相手の数字を当てるためにこれぞと思う数字を聞きます。

4.○、△、×から推理して、先に相手の数字を当てた方の勝ち。


この遊びが得意で、少ない手がかりを有効利用して解ける子供は、わりと算数が得意な子供だろうなと思います(^^;)
私は好きな遊びだったわりに、あまり強くなかったなあ…(´-`;)



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
  ↑
ってより子供の遊びですね…(^^;)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。