スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミフルの原材料

ちょっと植物の名前を調べていて、

薬草園便り 2007年3月
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~yakusou/tayori_sekizaki.htm

というところに迷い込みましたら、こんな記述が…


昨年来この冬は、鳥インフルエンザを含め新型インフルエンザが猛威を振るう可能性の高い年として懸念されたため、予防薬としてオセルタミビル“商品名;タミフル”の名が良く知られるようになりました。この薬は1996年米国で開発されたもので、ダイウイキョウ(トウシキミ)の成分から誘導されています。しかし、今年2月に東京大学の柴崎教授によって全合成され、世界中から注目された薬です。今月の写真では、このタミフルの原料として使用されているダイウイキョウ(トウシキミ)を紹介します。


タミフルってもともとトウシキミ(スターアニス、大茴香、八角茴香)
学名Illicium verum (シキミ科)の果実から作られていたんだ。

そんな、タミフルが香辛料から作られたなんて知らなかったです(^^;)

トウシキミといえば、『毒草を食べてみた』という本で、
同じシキミ科で果実も似てるからと、日本のシキミの果実(猛毒)が外国に輸出され、
そこで中毒事故が起こったという話がありました。(こわいですね(>_<))

それにしても上の薬草園のページ、読み込んだらおもしろそうですね(^^;)
大変そうだけど…



★備忘録★

ダイウイキョウ(トウシキミ:シキミ科)は
ウイキョウ(フェンネル:セリ科)ではないので注意。
…ってそんなのごっちゃにするのは私だけか?(^^;)


トウシキミは、「ダイウイキョウ」という名より、
中華料理の「八角」(中華風の豚の角煮の香り…)で覚えるのがいいかもしれませんね。
そう考えたら、スーパーの中華食材コーナーでも売ってますよね(^^;)


フェンネルは、先日、カレー屋さんでスパイスがセットになって出てきたので、
カレーにかけずに味見してから、携帯で写真を撮りました(^^;)
いかにもセリ科という雰囲気の果実で、果柄がついていて、細長い果実には稜がたくさんありました…
味は、ちょっと甘みがありました。


参考
ウィキペディアの『トウシキミ』のページ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%9F


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。