FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物の覚え方の違い

ムラサキカタバミは、匍匐じゃなくてロゼットになっていて、
こんもりしているから
花が咲いていなくてもすぐ分かる。

…けど、ぱっと見て分かるために、逆に、パーツの観察をちゃんとしないのだ(汗)
もし1枚(三出複葉)だけを、葉柄つきでテーブルの上に置かれていたら、
分かるかどうか、私はあやしいと思う。


そういうことに、以前は気がつかなかった。


写真を見て、全体的な色味の配分で植物を覚える人は、
私に限らず、そういうところがあるのかもしれない。
私は図鑑を見ているうちに、なんとなく名前+色味で覚えて、
頭で図鑑のその写真の全体の感じを呼び出せる。
名前で画像が浮かび、画像を見ると名前が出てくる。
それはけっこう便利だし、おもしろい。

でも場合によっては、植物の写真を見て、
科がすごーくかけはなれた、
とんでもない的外れな植物だと思ってしまうことも…

それは細かい観察をしっかりしている人には、あまりないことだ。
そういう人は、科の特徴を、おぼろげにではなく、はっきり掴んでいる。



 * * * * * * * * * * * 


…と、ところで、緑花試験の案内はいつ届くのでしょうか…
去年も確か、「届かなーい」と業を煮やして、
ネットで申し込んでローソンのロッピーを使ってお金を払った気が…

あの、ほんとうは振込用紙が届いてそれで申し込みたいんですけど(>_<)

あ~、あんまり遅かったらまたネット振込みかなあ。やだなあ…
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。