スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラ科に困惑する

散歩中にボケの花を見た。
わー、おしべとめしべがきれいだなー、と思った。

ボケは、おしべがたくさんあった。
同じバラ科のサクラもおしべがたくさんあると、
中学受験用の植物クイズをしていてやっと意識したけど
(生まれてから何度も花見をしているのに、ちゃんと見ていない)
ボケもそうなんだなと思った。

ボケは、めしべが6本くらいに見えるけど、
基部でつながってるのかな、それともバラバラなのかな、
調べて見ないとなあ、と思いながら帰った。

図鑑を見た。
わからんなあ。
サクラと属が違うことは分かったが。

WEBで検索した。
………なんか、「雌雄同株」とかいう文字が?

雌雄同株、それは
同じ木に、雄花と雌花があるということ…。
ボケの場合は、
雄花と両性花があるということを指す。

私の見たのは両性花だったらしい(- -;)

* * * * * * * * * * * 

その後。

さまざまなキーワードで四苦八苦しながら検索していたが…
ボケの場合は、たぶん…合成心皮(めしべの柱頭だけ分かれていて、基部は合着)
なのかな?と。
違うかもしれないけど(- -;)
        むしればわかるがむしるわけにはいかないもんねひとんちのは

他のバラ科の花についてもめしべのたくさんあるもの(複数の離生心皮のもの)を
調べたり、
バラ科の雌雄同株のものを調べたりしたかったけど、
これまた分かりにくくて…(- -;)

とりあえず、山吹は離性心皮だと分かった。

参考:
このページが詳しいような分かりにくいような。

検索表
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。