FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートピーの花

切花のへたれたスイートピーを分解してみることにしました。

スイートピー全体


写真は、生きのいいスイートピーです。
真ん中にあるのが竜骨弁、左右に一枚ずつあるのが翼弁です。
翼弁の後ろには、旗弁があります。
(この写真ではよくわからんけど)

この竜骨弁を、ハチのつもりで押し下げて見ました。

するとっ…!

竜骨弁を押し下げたところ


おしべとめしべが出てきました。
うーん、花びらへたれてるけど。
(上の生きのいいやつとは別のやつなんですよ)

しかし、何が竜骨弁だかさっぱりわからなかったけれど、
こうやって下に下げて見ると、そういえば船の形だなって思います。


次に花びらを取り去ってみました。
ものすごいボケ写真です。

二体雄しべ


10本雄しべがありますが、
雄しべが1本だけ束からはなれています。

…このボケ写真で果たしてわかるのか。

もうちょっとマシな写真をアップしました;→スイートピーの二体雄しべ再び


これを「二体雄しべ」というと、ネットの植物友達のOさんが教えてくれました。

図鑑を見ると、スイートピーと同じレンリソウ属のハマエンドウが、
やはりこのようになっていました。

他の属のマメ科植物はどうなんだろう…と気になりつつ、
調べられていません。



※二体雄しべだけでなく、三体雄しべ、五体雄しべなんてのもあるようです。
雄しべにもいろいろあるんですね。
参考ページ:植物図鑑の基礎用語 おしべ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。