スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮の織物のお花

伊勢神宮「唐錦の織物」を公開、式年遷宮に向け新調 というニュースを読んだ。

おっ、織物の中にお花の文様が入ってるな~
なんのお花か、チェックチェック。

ボタンでした(^^)

以下はリンク切れ防止用のコピペです。
でも、画像までは保存できないので、
興味のある方は今のうちにリンク先(↑)の画像を
見てみるといいですよ。

伊勢神宮「唐錦の織物」を公開、式年遷宮に向け新調
----------------------------------
 伊勢神宮(三重県伊勢市)は14日、京都市上京区の織物会社、住江織物京都美術工芸所で、20年ごとに社殿を造り替える「式年遷宮」(2013年)に向けて新調した唐錦の織物を報道陣に公開した。

 伊勢神宮の神宝類は、服飾品や武具など1576点。この日は、太刀の柄や箱類の内張りなどを飾る織物を披露した。最高級の国産絹を使った幅約46センチ、長さ11メートルの赤地に黄色や白のボタンの文様が鮮やかに織り込まれている。

[ 2008年2月14日21時11分 ]
 ---------------------------------

それにしても、式年遷宮ってただお社を建て替えるだけじゃなかったんですね~
神宝も新調するんだ?

それに、木曾国有林のヒノキで立て替えられるけど、
屋根は桧皮葺でなくて、「茅葺き」だったのですね。

伊勢神宮に行ったことがあるけど、
当時はこういうことを気にしていなかったからなあ…
もったいないことをした。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


…ところで、とっても関係ないけど「唐錦」って品種のツバキがあるそうです。
紅白のしぼりになったツバキなんですけど。

もし、唐錦の織物の文様がその品種のツバキだったら、
「唐錦の中に唐錦が!」
ですね(^^;)☆\(^^;)くだらんだろ
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。