スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平日は勉強について言わないことに

8ビットパソコンの時代に生まれたかった」
…またオタクっぽいことを呟いているインドア太郎です。


なんでも、その時代は店頭でプログラミングを試し打ちできたとか。
過ぎ去った昭和についてどんどん詳しくなっていくなあ…




インドアから、
勉強のことは口を出さないように、
自分でどれだけできるかやってみたい、
自分でできるようにならなければ、この先やっていけないと思う、
と言われ、

うーんなるほど、単に「親にいろいろ言われるのがめんどくさい」だけでなく、
独立心から言ってるんだな、と母・友美は理解したので、
とはいえ、完全放置は非常に心配なので、

・平日(というより月~木)は何も言わないことにする

ということに。

金曜日、学校から帰ってきて、明日からお休みということで
リラックスしている時に、
週末の社会(苦手な地理)についてと、
他にあやしいところはないか、それをどうするか、という計画を聞く、
ということにした。

地理も、「内容は理解している、地名を覚えられるかだ」、と本人は言うが
繰り返し回数が減るから心配だ…ま、しかたない。



そういえば進研ゼミ。
もう2か月分届いてしまった… 6月分の振込みをしに行かなくては…忘れたらヤバイ
(しかし同じ月に2か月分の支払いはキツイな…)


インドアは5月号が届いた時、とりあえず、数学の思考力問題と
英語の長文読解をやっていた。
5月の思考力問題は去年の5、6月のに比べて簡単だったそうだ。


その時(去年の6月)の指数の問題、なぜある指数の時に一桁が同じ数字になるか、
解き終わった後も考えていたらしく、最近になって急に、
「あれ分かったよー」と言っていた。
そういうとこさすが理系だな。解き方分かったから終わりじゃないのね、と
と文系・友美はちょっと感心した。


今年の5月号の英語の長文読解の方は、分からない単語が多かったようだ。
「wheelって?」
「『車輪』。ホラ、日本人が『コンピューターウイルス』っていうと、英語圏の人は
『車輪つきコンピューター』を想像しちゃう、って話があったじゃない?」
「あ~」 
 
      ※英語ではVirusの読みはウイルスじゃなくてヴァイラスらしいですわ…

       ちなみに「ウイルス」はラテン語読み、「ビールス」はドイツ語読み(^^;)
        ↑これは電子辞書君が教えてくれた



昨日、遠足で学校から早く帰ってきて、珍しく友達と遊びに行ったインドアが
帰宅後、機嫌良さそうにしている時、
「こないだのゼミの英語の長文、理解できるようになったか、もっかい見とくといいよ」

と言うと、機嫌がいいので「そうだねー」と言って読んでいた。

「うーん…、覚えてるなあ…」

「音で聞いて意味が分かるかどうかやってみ?母さん読むよ。どう?音で聞いても
分かる?」

「う~ん、分かるけど…このあいだやったばっかりだから内容を覚えちゃってる」


「いんじゃないの? 母さんは、『フラッシュ太郎』を10話分、昔買った英語テキスト
8話分を暗記してるよー」

「えっ、そうなの?」

「うん、英単語覚えようと思ってー。この英語テキスト二回目だけど、一回目よりよく
理解できるようになったよ。ただ覚えてもダメだと思ったから、ちゃんと文法や言葉の
意味を調べてから暗記するようにしたんだ」

インドアはなんだかびっくりしていたようだが、
時々そこらへんで友美が英文を暗唱してるのには
気づいてなかったのだろうか…。


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


今週のフラッシュ太郎

Which one of us likes Taro more, you or I ?

「フラッシュ太郎が人魚のどっちを好きかで争ってるんじゃなくて、人魚が、
"which one of us…私達のどちらが " "likes Taro more…太郎をより好きか"
" you or I…あなたか私か" で争ってるんだよ」
と言ったら、
「それで太郎はあんなに他人事だったのか」とインドアは納得していたが
私はあまり納得できてないぞ。太郎はなんであんなに他人事なんだ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。