スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期テスト対策で進研ゼミに入会した。

今月に限って進研ゼミのDMが届かないので、
仕方なくさっきネットで入会申し込みをしてきた母・友美です。

5月と6月の定期テスト対策本は必要だからねえ…


いや、必要なのは5教科では社会だけで、
社会は1-2年と同じ教科書を使うため、
去年届いた対策本がそのまま使えるんだけど…


「微妙に内容が変わってるかもしれないから念のため」っていうのと、
ゼミは最短でも2ヶ月取らなきゃならないので、6-7月と取るよりは
5-6月の定期テスト本オンリーなのがいいよなって思いました。



ちなみに、6月の実技科目テスト対策の方のお目当ては家庭科。


去年、インドア太郎の学校では、
実技科目のテストの出し方は、家庭科がもっとも不親切だったのでした。

…いや、他が親切すぎるって話もありますが…



なんせインドアの学区は、1年から実技教科が内申に関係ある学区
そして、実技教科だと内申点が2倍になるという、
実技テストで手を抜けない学区なのであった。
(これ、他県の人に言うと驚かれます。なぜ2倍!?って


そのためか、学年末の実技教科テストは、
教科によっては「ここから出るよ~」という
コンパクトにまとまったプリントが配られたり
そこまで行かなくても、どのあたりから出るか先生がそれとなく教えてくれたりと
至れり尽くせりだったようだ。


が、その中で家庭科の先生だけは、孤高を保っていた。
そういった配慮は一切なし。
学年末だろうとそうでなかろうと、実力で来い。


だから…一度目の家庭科のテストは…ひどかったにゃ…


技術で満点を取っても、家庭科がひどいので、
技術家庭は80点。


これは絶対まずい(内申的に)、と思った友美、
学年末テストの家庭科は、1~2週間前くらいから、
暗記ブックで少しずつやるように、と
インドアに言っておいた。



その甲斐あって、学年末の家庭科テストは…何点だっけ、
技術の方は満点取れてたから(←好きな科目のうえ内容がパソコン…)、
家庭科ではたぶん50点中48~46点ぐらい取れたような。

あの時は進研ゼミがあってほんとによかったと思った…


家庭科は、今年も同じ先生なので…


よろしく頼むよ…今年も。



* * * * * * * * * * * 


ところで…

論理学の本は一冊しか読んだことがなくて、
かなりちんぷんかんぷんだったのですが、
(友美にとって哲学や数学が関わっている分野である論理学は元から無理)

論理学で『容認』ってどこでどんなふうに出てくるのかしら…



『必要』の方は必要条件でベン図と一緒に出てくる気がするけど…



検索ではうまくヒットしてくれなかった。



本人に聞けたらいいけど無理だし、
論理学に詳しい知り合いいないし。


論理学のどの分野でどの意味なのか
それとももともと論理学にはそんなのはなくて、
ただ「必要」と「容認」は言葉の意味が違う、と言いたかっただけなのか、
あー気になる~

政治家なら言葉は正確に、明確に、出来る限り相手に誤解を与えないように
使ってほしいわ。
中学校を卒業した時点の聞き手にも分かるように。


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。