スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の漢字は覚えた方が その4.どんな覚え方が合ってるだろう?

インドア中学生・太郎の場合は、
「反復(書くこと)」と「漢字を部分に分けること」で覚えるのだそうです。

……といっても、インドアが3、4年生の頃は、
漢字を部分に分けることは殆どできていませんでした。

しかし6年生頃になると、それが格段にできるようになっていました。
(ちょっと不思議なのですが…。)


知っている部首の名前ならその名前で、
名前を知らず、そのままではよく読めない部品でも、
「他の漢字のどの場所と同じ」とか、「『良い』っていう字から点を引いたもの」
と言えるようになりました。       「良」-点=…「うしとら」かなぁ…


母・友美に「漢字分解を教えてくれてよかった」と言っていたので、
小学生の時はインドアに合う方法がよく分からずに試行錯誤したけど、
たまたまフィットするものがあって良かった、と思いました。 
(たまたまってところが…;)


漢字は英単語のつづりと違って、部品がたくさんあって大変ですが、
それでも6年生までの漢字で、よく使う部品がほぼ出揃ったことで、
中学校の漢字も覚えやすくなったそうです。

漢字って、全然積み重ねじゃないような気もしますが、
小学校の漢字が覚えられていることが、中学校にもつながるのかもしれませんね




ところで…


「書いて使う」という性質上、漢字は手の動きで覚える人が
比較的多いように思えますが、
中には覚えるために「何度も書く」ことが向いてない人
いると思います。


とっさに思い付くのは、
音や言葉の補助がないと覚えにくい人や、
漢字の読みと書きの不均衡が大きすぎたり、思考力が高すぎたりして
機械的に書くことに強い苦痛を覚える人など…ですが。



反復の回数や頻度も、人によって違うだろうし、
「書く」のがもっとも有効な人でも、どういう形で書くのが有効かは、
人それぞれかも…
(実は母・友美は基本は手で覚えるけど、目だけでもまあまあ覚えられるため、
反復回数が少なくて良いタイプ。)

適当に選んだドリルでOK!な子、小テスト形式だとやる気が出る子…
いろいろいそうです





インドア中学生は、今では漢字もそこまでひどくはなく、(※あくまで本人比です)
小テスト前ですとか定期テスト前に練習しておくと、
中学国語で習った漢字を間違うことはありません。……が、その後は忘れると
言っていましたが…
(それでも小4の時の半分しかできてない漢字テストに比べれば相当マシですが


理科社会の漢字も(※インドア比ですが)意外と書けてます。
しかし自信のない漢字はひらがなで書いたり、
小学校の時にきちっと覚え切ってなかった負債分が響き、
時々小学校の漢字間違いで×になり、もったいないこともあります


それでも「書けるほう」なんだそうです;


本当かよ~、と思いますが、
ヤンキーもいる公立中学校で、個々人の学習意欲も大分違うので、
小学校時の結構な負債を背負っていたり、
それほど負債がなくても中学校に入ってから勉強以外のことに
夢中になったりすると、
(そりゃあもう夢中になるものにはいろいろありますよね…思春期だもの)
漢字のようなところに響いちゃうのかもしれませんね…


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
ムダに長かった漢字シリーズ、おしまいですm(_ _)m



先ほど夏休みの国語ワークをしているインドアが自己申告してきましたが、
ワークの中で、書けなかった漢字には☆印、
一応書けたし答えは合ってたけどあやしいなーと思うものには○印をつけて、
後で自主勉(という名の夏休みの宿題)ノートに書き取りをするのだそうです。

そ…それなりに自分でなんとかする気が出て良かったです(^_^;) 最後は当人の意識か…


ひよこちゃんちみたいに小学校の漢字を総復習するともっといいんですけどね…;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。