スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑化試験ファイナル 雑感

その他問題につっこみ&雑感です。


【問20】
・日本の萱葺き屋根に使用される伝統的な植物は何科?

1.イネ科 
2.イグサ科 
3.ヒノキ科 
4.クワ科 
5.ヤシ科


ようやくイネにやられずに済みました。
(↑初めて試験した年から3年連続でイネ科の簡単な問題を間違えておりました)
いったい何度目の正直なんだ~(>_<)

あ、一応答えは「1.イネ科」なので…




【問35】
香辛料として利用され、カレー粉の主材料のひとつとなる根茎(写真あり)。
最近は健康食品としても注目。

1.ショウガ
2.サツマイモ
3.ウコン
4.ジャガイモ
5.コショウ


写真を見た途端、
またウコンか!
緑花試験はどうしてこうウコンが好きなんだ!
と心の中で叫んでいた問題。
(実はウバメガシも好きだったらしいと師匠に言われて分かったが…)
  ↑
 気づいちゃいなかった

そういえば、アサガオも出てましたね。
もしかして過去のテーマ植物全部出てたとか?
(だとしたらおもしろいけど)
…いや、サフランの問題は出なかったか…テーマ植物だった年にさえ無視された、
かわいそうな植物だよな…(- -;)


【問51】
わが国の海岸に見られる多肉植物。
5~7月に黄色の花。
乾燥や潮風に耐える性質があり、近年は屋上緑化に導入されている。

1.ハマボッス
2.ハマヒルガオ
3.タイトゴメ
4.ラセイタソウ
5.イソギク


写真を見れば植物自体はなんだかすぐ分かるものの、
タイトゴメの屋上緑化にはとにかくびっくりしました。
たぶん、タイトゴメとそっくりな「オカタイトゴメ」が
そのへんに生えていて、いかにも雑草然としているからだと
思います…

海岸といえば、ケールの原種は海岸性というが、
屋上緑化でケール栽培とか、できるのだろうか…
(ケールの自生地であるヨーロッパの気候とは違うから
 無理そうな気がします…)



【問56】
とても大きなサヤと中の扁平な丸い種子がとても目立つ植物(写真あり)。
日本では南の地域にこの仲間が自生しています。
花材店では外国から輸入されたものが飾り付け用に
売られていることも。

1.ムクロジ
2.トチノキ
3.モダマ
4.クヌギ
5.ココヤシ


モダマの問題が出てきてなんとなくうれしく、うきうき気分に。
緑花文化士さんの日記『おしゃべりきもの』の11月8日の日記では
モダマやヘンルーダはは「あまり知られていないのではないか」とあったけど、
そうでもないと思う。
それに、テキスト情報と選択肢で分かるので、
それほど四苦八苦はしない問題ではないかな、と思いました。

ちなみに私は博物館でモダマを見ました。
モダマと写真撮影ができるようになっているコーナーで
写真を撮りました(^^;)



【ファイナルの雑感】

■今回は過去問が妙に多くなかろうか、と思いました。
 さあびす(※とうなすではない)なのでしょうか。
 ちょびっと不満…

 逆に、以前間違えた過去問を、今回間違えなかったのは、
 満足でもあります。(同じ間違いをするのは、くやしいから)


■それと関連して、今回は
「分からなかったけど知識から推測していって正解」という
問題に出会えなくて、ドーパミンの出が悪かったです。

いい点はとりたい、でも、難問を自分の手持ちの材料を
駆使して解く喜びもあじわいたい、
という…。


写真問題がさくさく答えられるのもドーパミンが出ますが、
マダケを間違えてパーフェクトにならなかったのは残念でした。



■テーマ植物である「桜」が
ひそかに問題の答えになってる問題が多いこと(^^;)
(「さくらんぼの実る頃」「蝶々夫人の桜」)
そこまで深読みしなかったです;



にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村


続きを読む »

スポンサーサイト

緑花試験ファイナル 試行錯誤編

今回は「やや迷った」「ちょっと自信がなかったけど正解」な問題。

【問23】
クロマツの特徴のうち正しいものは?

1.雌花と雄花が違う木につく
2.花粉は昆虫が雌花に運ぶ
3.春に開花して受粉した雌花は、翌年の秋に成熟して、種子を散らす
4.常緑樹だが、葉は毎年入れ替わる
5.名前の由来は、材の色が黒いことによる

1は違う、雌雄同株だ。
2は論外

3は…3は…そう、その年には成熟しないのは知ってる。
でも、成熟が翌年だったかそのまた次の年だったか…???(>_<)
そこの記憶があいまいだ。
ほ、他の選択肢も見てみよう。

4…まさかそんなことはないだろ
5…? 5は、どうだろ、
3にしたい。すごくしたい。でも、年数が自信ないっ(>_<)
もしここがひっかけだったら…

と一応3にしながら、心配だった私。
しかし一度目の見返しの時、

>5.名前の由来は、「材」の色が黒いことによる

ハッ 「材」!

「材」だよ!
「樹皮」じゃない、「材」。
クロマツとアカマツの名の由来は、樹皮から来てたはず。
クロマツの材の色をはっきり覚えていないが、おそらく黒じゃない。
あー霧が晴れた。「3」でいいんだ。
ということで、ホッと一安心でした。


【問25】
江戸中期の画家、尾形光琳が描いた屏風の絵をこたえる問題。

う~ん、アオイ科の花だ。
絵の問題は、イ ヤ だ な あ …

ざっと選択肢を見る。
アオイ科の花ってのは、それぞれ似ている。
うーむ…
うーむだけど、いろいろ除外して、「2.ムクゲ」「4.タチアオイ」に
絞った。
まっすぐ縦に伸びる草姿がタチアオイ。
赤で八重、白の一重の花も、タチアオイなら品種はいろいろあるだろうから矛盾しない。
「しかし…江戸中期にタチアオイって渡来してるのか…?」
そう思うとかなり不安に。
それに葉っぱがムクゲの葉っぱに似てる。
(タチアオイの葉っぱは遠くからしかみたことないので分からない。)
ムクゲも花はいろいろあるしな…。

けど「これ、どうにも木じゃないよな」
「木の性質っぽさが全然出てないよな」
と思い切ってタチアオイにして正解。

図鑑を見てみると、ムクゲはどうやらその年伸びた新梢に花を咲かせるらしく、
花つきがどうしても先の方に偏る。
絵のように一枝の下方までたくさん咲いてるってことはないみたい。


【問41】
オオバコのロゼット写真問題。
穂が出てないので、難易度アップ(^^;)

悩んだけど、たぶんこれだよなというものを答えて正解。

後4つの他の写真のロゼットも、今ついでに選択肢のない状態で
やってみた。
「2」と「5」が不完全な形で当たっただけ。
(2はマツヨイグサの仲間、5はヒメジョオンかハルジオン、というように)
3と4は大はずれ~
3は選択肢によっては大丈夫な可能性もあるけど、
「4」は多分出てたら間違えた。(難しすぎるから出ないと思うけどね☆)

試験問題を持っている方は、おためしを。



【問61】
写真はある植物の若い実です。便壷を使う古いタイプのトイレに発生するウジを
殺すために陰干しで保存中。なんの植物でしょう。

写真を見て「ヤツデの実のような…」

と思い、選択肢を見ると

1.ヤツデ
2.ニワトコ
3.ハリギリ
4.コシアブラ
5.ドクウツギ

選択肢にあるな、ヤツデ。
でも、ヤツデの実って毒あったっけ?
毒草図鑑には載ってなかったような…
他の毒草ならそういう利用法をするの書いてあったけどさ。

しかし、他に「いかにも毒です」なのはドクウツギだけじゃん。
うーん、ドクウツギの実ってどんなだっけ。
はっきり思い出せないけど、少なくともこんな実のはずがない。
(あからさまにひっかけ選択肢)

とヤツデにしたけど、
他のウコギ科の実がよく分からないので、ちょっと不安だった。
「ウコギ科の実のことはたしかだけど…うわ、ウコギ科あるな」
「コシアブラは山菜だよなぁ…ハリギリもそうだったかもしれない。」
「『山菜だけど部位によって毒もある』マユミようなのもあるけど、
まさかそうじゃないよなあ…」
とちょっと心配でございました。

※後に手持ちの毒草図鑑で見てみたら、ヤツデの葉の毒性については
 書いてあったが、実についての記述はなかった。う~ん。


【問63】
チョウセンニンジンは野菜のニンジン(セリ科)とは科が違う。
チョウセンニンジンと同じ科の植物を選べ。

1.ドクニンジン 2.ノラニンジン 3.トチバニンジン 

4.ツルニンジン 5.ムカゴニンジン



「トチバニンジン」と脳が言っております。あいまいな記憶ながら…

「そんなような気はするが、ほんとにウコギ科?ほんとのほんとに?」
と脳に念を押しましたが、適当な他候補もないのでそいつにしときました。

でも一応、見直しの時に科も考えました。
「ノラニンジンは栽培ニンジンの野生化かなんかで、セリ科でしょ、
ツルニンジンはキキョウ科でしょ、ムカゴニンジンはたぶんセリ科のような…
(頭に図鑑のそれらしいセリ科のページが浮かぶ)
ドクニンジン?ソクラテスのアレね。よく知らんけどトチバニンジンという候補が
あるんだからこれはほっとけ」
で終了。

それにしてもトチバニンジンの記憶はとても薄い。
どこかの図鑑で見たような…と思ったら、去年か今年に買ったものの、
あんまり読み込んでいない薬草図鑑についていた。


【問64】
ヌスビトハギの実のひっつき方は?

1.大きなカギ(フック)状の突起があり付着する
2.鋭い逆さ向きの棘があり付着する
3.長い毛がヘアピンのようにささり付着する
4.粘液を出して付着する
5.細かいカギ状の毛が密生して付着する

ヌスビトハギ…実の形状自体は小さい頃図鑑の絵で見たり、
h様の写真で見て知ってるが…
実物は花の方しか見たことない。だから実はくっつけたことない。

でも、全体がワッペンのようにくっつくんだと思った。
だから2の逆さトゲは違う、こういうのはコセンダングサとかだ。
(ルーペで見たことあるしね…)
3…ヘアピン?なんだそりゃ。4の粘液も違うよね。
だからカギ状の…って「カギ状」のは1と5の2つあるやん!

どっち?ねえどっち?(@o@;)
大きいつづら?それとも小さいつづら?
そもそもどの大きさを「大きい」と呼ぶのお~?
・・・・・
ひっかけかもしれんけど…カギが細かい方のがイメージ合うしな、
小さいカギがいっぱいの5にしとこ。
でなんとか正解に(^^;)

しかし…解説読んで、たとえばイノコヅチが問題に出ていたら、
落としてたよな…などと思いました。
キンミズヒキ、チヂミザサ、メナモミもあやしかったろうな…



【問78】ハンゲショウの生育環境

1.全く日の当たらない湿った場所
2.日陰の乾いた場所
3.日当たりの良い湿った場所
4.日当たりの良い乾いた場所
5.場所を選ばない

ハンゲショウはなんとなく湿った場所だ。
なぜそんなふうに思うのか。ドクダミ科だからだろうか…
というわけで「日陰の湿った場所」を…あれ、そんな選択肢ない。
・・・・。
湿った場所は1と3しかない。
1は「全く日の当たらない湿った場所」
いや…「全く」ってあんたそんな…すごい特殊な植物だよな、
全く日が当たらないところを選ぶ植物って。
3でよし。写真も明るいし。

「日陰の湿った場所」という選択肢がないことに救われた…




次回は(まだあるのか)
雑感およびその他の問題について
(つっこみみたいなもんですね。)


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

緑花試験ファイナル 危機一髪編

今回は、「あやういところで失点をまぬがれた」ような問題を…


【問34】
・フランスの「パリ・コミューンの唄」として知られる19世紀のシャンソン。
・日本では『【  】の実る頃』というタイトル。
・初夏に実る赤い果実

1.いちご
2.りんご
3.ざくろ
4.さくらんぼ
5.黒すぐり


「ぐわー、こ、これは年齢が高い人ほど脊髄反射な問題っ」
高校生とか中学生にはきつかろうな…(>_<)
 ↑
会場にかわいい女子高生と、お母さんと一緒に来ている中学生~または
小学校高学年の女の子がいたのです(!)

 ↑
そ、それはいいとして…
歌謡問題はけっこうそういう年配の人に有利な問題が出ます。


動揺のあまり、最初「りんご」なんてアホな選択肢を選んでしまいましたが、
よーーく問題文を見たら「初夏に」実ると書いてありました(- -;)
「初夏」+「赤色」=さくらんぼだろ!
大変あぶなかったです。
※問題文はよく読みましょう。

(いやいちごも初夏と言えなくもないし、いちごは晩春が旬かなとも思うけど、
春本番でも実ってないこともない気がします…)



【問52】トベラ
・節分には鬼を追い払う魔よけとして門扉や戸にヒイラギに鰯をさしたものや、
 地方によってはトベラを飾る。
・その理由はヒイラギやトベラの特徴を鬼が怖れたり嫌うされるから。
・トベラが持つ、鬼を追い払う特徴はなんでしょう。

1.新芽が尖って剣のようになる。
2.花にさわるとかぶれる
3.花で虫を捕らえる
4.実が熟れると割れて中から真っ赤な種子が飛び出す
5.葉を揉んだり、枝を折ると臭気がある


問題文を読みながら、
「うん、それはフライパンなどで煎るとバリバリと音が出て、その音を鬼が嫌がるから」
…って選択肢にないじゃん!!(◎o◎;)

ガガーン、ショックを受ける私

しかし気を取り直して、
1.違う。尖らない。2.花かぶれない。3.論外
4…はそれはトベラの特徴としてはそうだけど…
5…はそうだったような違うような…トベラって、ちぎったことあるけど、
別に変な匂いはしないんだよね…;

4と5で悩む私。とりあえず4にしといた。

しかし、終了5分前、解答用紙はとっくに伏せた状態でハッと天啓が。

「トベラで使うのは葉! 実、関係ない!正解は5!」

う、うわあぁ、なんとか消して塗りなおす時間があった。
あ、危なかった…


【問66】
・木が一本の枝でつながってる現象の写真です
・男女の深い契りのたとえに使われるこの現象はなんでしょう

1.比目の魚
2.比翼の鳥
3.連理の枝
4.相合傘
5.合体木


…? 枝でつながってる現象に名前ってあるのか…
「男女の深い契り」というなら、「比翼の鳥、連理の枝」っていうのを
たぶん源氏物語で読んだよ。
玄宗皇帝と楊貴妃の話を桐壺帝が自分と桐壺更衣になぞらえている話だったと思うよ。
…しかし、木がこうなってる現象を、「連理の枝」と呼ぶかはどうかは…、、、

で、最初は「合体木」にしてしまったんだけど、見返しの時、
合体木が「男女の深い契りのたとえ」にされるだろうか?と自分に問うと、

そんなことないだろ

と左脳が激しくツッコミを入れてくれました。
右脳の感覚(美意識?)では許せないようですが、
ちゃんとそれを抑えて、テキスト情報と矛盾しないようにしてくれました。
左脳、お手柄…(>_<)パチパチ


※次回は「試行錯誤編」です。


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

緑・花試験ファイナル(緑・花文化の知識認定試験)がんばりました

このブログ自体は思いっきり滞っておりましたが、
わりとせっせと植物の本を読んではネットで何かを調べ
読んでは調べしておりました1年です(^^;)

いや、夏~秋はサボりぎみでしたが、
(例年の傾向でーす)
それでも自分に半分くらい鞭打ちながら
本を読んでました。ええ。
今年は本が中心でしたねー;


その甲斐あってかなくてか、
ラッキー&根性で
夢だった75点が取れました。

会場ですばやく解答用紙をチェックして、
間違い5問だと分かった時、「よしっ!」と。
うれしかったです~
マークミスや間違いなんかもあるかもしれないけど、
とにかく夢がかなった嬉しさはたまらん(>▽<)です。
特級も取れる可能性が上がりましたし…。
取れるといいな(*^_^*)



ではまちがえた問題・5問をどうぞ
 ↓ ↓ ↓


【問6】
桜前線は、大部分の地域ではソメイヨシノを標本木としていますが、
北海道根室地方の標本木はなんでしょう?

1.シウリザクラ 2.オオヤマザクラ(エゾヤマザクラ)

3.チシマザクラ 4.エゾノウワミズザクラ 5.カスミザクラ


桜前線は北海道の場合、ちょっとソメイヨシノ、
大部分がオオヤマザクラだと聞いた。
その他の知識はない。
なので、オオヤマザクラを選んだ。
なんか「根室地方」とかあやしいことが書かれてるけど…
根室って東の方だった気がするな。
特殊な地域かもしれない。
でも、わざわざ危険は冒したくないし…

正解はチシマザクラ。
高度なひっかけ問題だった…
根室は、気候が厳しいのでチシマザクラなんだそうだ(ちーん)

これって「わかんないけどあてずっぽで北海道っぽい名前の
オオヤマザクラとチシマザクラの確率2分の1」で答えた人の方が
あってそうだ。

そんで函館・札幌まではソメイヨシノなんだって…
(もし札幌や函館が問題に出てても失点してたね…)

道民や北海道大好きの我兄なら確信を持って答えられるんだろうか?;

h師匠(文化士さん)とミクシィで見かけた文化士さんも落とされている。
多分とっても正答率低いんだろうな。。



【問50】スイセン(ニホンズイセン)の季語は?

1.新年 2.春 3.夏 4.秋 5.冬


最初ふつうに考えると冬かなぁと思って「冬」にマークしたけど、
「季語って時々現代の感覚や時期とずれてるしなあ…」
とか
「季語が春であろう椿や梅と花期はそう変わらないしなあ…」
などと深読みして「春」にしちゃって、討ち死にいたしました。
正解はふつうに「冬」でしたよ、ええ…
スイセン球根の毒にやられちゃったわい♪
斉天大聖「おまえは古典好きのくせにほんとに季語が苦手だな!」
桃里「俳句は子供用まんが俳句辞典ぐらいしか読んでないんですよ…(- -;)」

※なんでここに斉天大聖(孫悟空)が出てくるかは、いずれ説明…するかもしれないし
 しないかもしれません。
(リクエストがあるか、私の気が向けば説明します(^^;))



【問53】古典落語の『唐茄子屋政談』に小道具として出てくる唐茄子は、
アメリカ大陸原産でビタミンAが豊富な野菜です。
なんの植物でしょう。

1.トマト 
2.キュウリ
3.スイカ
4.カボチャ
5.ピーマン


…知らなくてねえ…
アメリカ大陸原産はトマトとカボチャとピーマンですが、
そのうちカボチャはウリなので除外。
(もうここで敗北してますね)

で、「トマトとピーマンとどっちだ?」と必死で記憶を思い起こしますが、
トマトは「赤茄子」「蕃茄(という漢字があやふやなイメージで出てくる)」という
言葉しか思い浮かばない。
リコピン、ビタミンCはありそうだが、Aはどうだっけ??

ピーマンは…ピーマンはなんと呼んでたんだ?
ビタミンCはあったが…Aもトマトよりありそうだが…
しかし江戸時代、ピーマンはまだ普及してないんじゃないか?
ピーマンの和名は…元になる種であるトウガラシの場合は
「唐辛子」だよなあ…

トウガラシをアメリカで改良してピーマンが日本に入ってくるのは
もっと後の時代なはず…江戸時代だとは思えない。
ピーマンをなんと呼ぶか分からないし、トマトのビタミンAがあるかないか問題も
つらいけど、トマトにしておこう。

正解は カボチャ でした

ガーン ウリ科野菜に「○○ナス」とつける感性は
思いつかなかった。
ビタミンA…ありそうだ。

試験終了後、ひまつぶしに持ってきてた野菜図鑑を見たら、
カボチャにほんとに「とうなす」と書いてあった。(←疑ってたの?(^^;))
ちなみにピーマンの和名は「甘唐辛子」でした。



【問65】
プッチーニ作曲オペラ「蝶々夫人」で夫ピンカートンがアメリカから帰ってくるので
チョウチョウさんがある植物の花びらをまきながら夫を迎える準備をしていますが、
この場面でその植物をタイトルにして歌われる二重唱があります。
その植物名は?

1.ツツジ 2.ツバキ 3.サクラ 4.ナノハナ 5.ベニバナ


…日本人妻がアメリカ人夫に捨てられる話といえば、
髪だったか胸だったかにツバキを飾ってパーティー(?)に行く話しか知りません。
ツバキを撒いたとは聞いたことがないが…、、もうどうしようもないし。
これもツバキでいいや。

正解はサクラでしたm(_ _)m

チョウチョウさんだけにサクラに止まれ♪ だったんでしょうかね…

音楽関係の方なら知ってそうですだ。
二重唱のタイトルは「さくらの枝をゆさぶって」
だそうですだ…

そういや、サザンカならまだしも、ツバキだと花びらを一枚一枚にするのが
大変そうですね…(- -;)



【問68】

(竹皮のついただいぶ伸びてるタケノコを見て、どの種類の竹か当てる問題。
 うしろにうっすらボケた棹も…)

竹の皮は肉・羊羹・寿司・おにぎりなどを包むものとして、
また版画のバレンには欠かせません。写真のように表面に
褐色の斑点のあるものがよく利用されます。
さて、この竹皮がとれる植物は?

1.モウソウチク 2.ホテイチク 3.ハチク 4.クロチク 5.マダケ


どうしよう。マダケかモウソウチクだ。
しかしわかんにゃい。
マダケとモウソウチクの違いは、節のすじの数が1本で枝の根元が
つまってるのがモウソウチク、すじが2本で中空なのがマダケ… 
…そんなのボケ写真じゃわかんないし文章情報もない…
タケノコはどっちも食べられるが、モウソウチクが今は多いと聞いた。
マダケかもしれないが、モウソウチクにしておこう…

正解は「マダケ」でした~♪

ぐすっ。愛用の『四国の樹木検索図鑑』にもマダケは
「竹皮は長くしなやかなので」上のような用途に使われるって書いてあるわ。
尺八にも使われるらしいよ…(/_;)


まちがい編、終わりですm(_ _)m

次回は「緑花試験ファイナル 危機一髪編(仮)」です。
お楽しみにm(_ _)m(斉天大聖「何が楽しいってんだ。お前のボケっぷりがか?」)


にほんブログ村 花ブログ 花と園芸の豆知識へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。