FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュロ属(Trachycarpus属)

日本では、シュロ以外のヤシも「棕櫚」と翻訳されていたとかいないとか。
「キリストのエルサレム入城」で人々が手に持つナツメヤシが「棕櫚」と呼ばれたり…

まぎらわしー!

ということで、シュロ属の分布を調べてみた。

でも…家にはいい本がないの(- -;)
だからしょうがなくWEBで…


■ヤシ科シュロ属は何種類あるの?

http://stewartia.net/engei/family/Yasi.htm
によると、
「シュロ属 Trachycarpus
4種類ほどが中国南部や九州などアジア南部に自生が見られる。庭園などにシュロやトウジュロが植栽される。」


…4種類?


しかし、

http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/detail/80780.html
によると、
「シュロ属は世界で8種」

とな。
どっちなんだろう…
どっちにしろ、一桁台である。少ない。


■その4種~8種のシュロ属は、どこが原産地なの?

まずは
 ・シュロ(Trachycarpus fortunei)
 在来種である。九州南部・沖縄

・トウジュロ(Trachycarpus wagnerianus)
 中国大陸南部原産??かもしれないが中国の文献に記されていないため、
 原産地不明である。

次なるシュロ属は
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g68133253
のページより引用↓

・Trachycarpus princeps
植物の詳細 ヒマラヤ~中国南部原産の掌状葉をもつ美しいヤシです。
トラキカルパス属はインド北東部~ヒマラヤ、ビルマ、中国南部あたりに分布しております。
最近登録されたばかりの新種のシュロで、シュロ属の中ではもっとも成長が早いといわれております。
成長すれば7メートルほどになるようです。
自生地が限られており、世界的に種子の流通は稀であるので、シュロ属のなかでは世界でもっとも入手しにくい珍しい種類になります。
わが国ではオークションを含め、まったく流通しておりません。非常にに珍しいヤシといえるでしょう。
特筆すべきはその耐寒性、シュロには劣るものの、軽い霜にも耐えるとされておりますが、野外越冬については自己責任で。

・Trachycarpus martianus
原産地はネパール中央部~インドらしい。スレンダーなシュロ。
http://www.plantapalm.com/Vpe/photos/Species/trachycarpus_martianus.htm

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/2502/tropical/leafcold/listcoldleaf.htm
によると他にも
・Trachycarpus takil
・Trachycarpus latisectus
・Trachycarpus nanus
・Trachycarpus oreophilus
があるそうなので、一つずつ調べてみました。
まともな説明があるのは英語サイトばかりという苦しさ。
しかし有り難いことにグーグルが翻訳してくれます(´-`;)


・Trachycarpus takil
 インド原産。
 写真の、ローマ植物園の古そうなシュロがおもしろいです。
 http://www.plantapalm.com/Vpe/photos/Species/trachycarpus_takil.htm

・Trachycarpus latisectus
 インドシッキムヒマラヤの北東部原産
 http://www.pacsoa.org.au/palms/Trachycarpus/latisectus.html

・Trachycarpus nanus
 中国南西部原産。
 http://www.desert-tropicals.com/Palm/Trachycarpus_nanus.html

・Trachycarpus oreophilus
 タイ北部原産
 http://www.plantapalm.com/vpe/photos/Species/trachycarpus_oreophilus.htm


まだあるかもしれませんが、とりあえず8つのシュロの原産地を調べ終わりました。
ふう、疲れた。




おまけです。

2000年前のナツメヤシの種
http://blog.livedoor.jp/kiwahori/archives/51311492.html

大賀バスならぬ、マサダ要塞のナツメヤシ…?
乾燥地のオアシスに生えるだけあって、種も乾燥に強そうです。
スポンサーサイト

植物の覚え方の違い

ムラサキカタバミは、匍匐じゃなくてロゼットになっていて、
こんもりしているから
花が咲いていなくてもすぐ分かる。

…けど、ぱっと見て分かるために、逆に、パーツの観察をちゃんとしないのだ(汗)
もし1枚(三出複葉)だけを、葉柄つきでテーブルの上に置かれていたら、
分かるかどうか、私はあやしいと思う。


そういうことに、以前は気がつかなかった。


写真を見て、全体的な色味の配分で植物を覚える人は、
私に限らず、そういうところがあるのかもしれない。
私は図鑑を見ているうちに、なんとなく名前+色味で覚えて、
頭で図鑑のその写真の全体の感じを呼び出せる。
名前で画像が浮かび、画像を見ると名前が出てくる。
それはけっこう便利だし、おもしろい。

でも場合によっては、植物の写真を見て、
科がすごーくかけはなれた、
とんでもない的外れな植物だと思ってしまうことも…

それは細かい観察をしっかりしている人には、あまりないことだ。
そういう人は、科の特徴を、おぼろげにではなく、はっきり掴んでいる。



 * * * * * * * * * * * 


…と、ところで、緑花試験の案内はいつ届くのでしょうか…
去年も確か、「届かなーい」と業を煮やして、
ネットで申し込んでローソンのロッピーを使ってお金を払った気が…

あの、ほんとうは振込用紙が届いてそれで申し込みたいんですけど(>_<)

あ~、あんまり遅かったらまたネット振込みかなあ。やだなあ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。