FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミフルの原材料

ちょっと植物の名前を調べていて、

薬草園便り 2007年3月
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~yakusou/tayori_sekizaki.htm

というところに迷い込みましたら、こんな記述が…


昨年来この冬は、鳥インフルエンザを含め新型インフルエンザが猛威を振るう可能性の高い年として懸念されたため、予防薬としてオセルタミビル“商品名;タミフル”の名が良く知られるようになりました。この薬は1996年米国で開発されたもので、ダイウイキョウ(トウシキミ)の成分から誘導されています。しかし、今年2月に東京大学の柴崎教授によって全合成され、世界中から注目された薬です。今月の写真では、このタミフルの原料として使用されているダイウイキョウ(トウシキミ)を紹介します。


タミフルってもともとトウシキミ(スターアニス、大茴香、八角茴香)
学名Illicium verum (シキミ科)の果実から作られていたんだ。

そんな、タミフルが香辛料から作られたなんて知らなかったです(^^;)

トウシキミといえば、『毒草を食べてみた』という本で、
同じシキミ科で果実も似てるからと、日本のシキミの果実(猛毒)が外国に輸出され、
そこで中毒事故が起こったという話がありました。(こわいですね(>_<))

それにしても上の薬草園のページ、読み込んだらおもしろそうですね(^^;)
大変そうだけど…



★備忘録★

ダイウイキョウ(トウシキミ:シキミ科)は
ウイキョウ(フェンネル:セリ科)ではないので注意。
…ってそんなのごっちゃにするのは私だけか?(^^;)


トウシキミは、「ダイウイキョウ」という名より、
中華料理の「八角」(中華風の豚の角煮の香り…)で覚えるのがいいかもしれませんね。
そう考えたら、スーパーの中華食材コーナーでも売ってますよね(^^;)


フェンネルは、先日、カレー屋さんでスパイスがセットになって出てきたので、
カレーにかけずに味見してから、携帯で写真を撮りました(^^;)
いかにもセリ科という雰囲気の果実で、果柄がついていて、細長い果実には稜がたくさんありました…
味は、ちょっと甘みがありました。


参考
ウィキペディアの『トウシキミ』のページ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%9F


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Rochea Coccinea

ロケアは、よく見かけるわりには、名前を忘れがちな花。
調べても1年立つと忘れてしまうorzなので、
覚書きとして書いておくことにする。

見てすぐ多肉だよなあ、とか
ベンケイソウ科だよなあ、とは思うんだけど
マンネングサのどれかだったけとか、
カランコエのどれかだったっけとか思い始めると、
混乱するのだ。

 ある種のコケ(チョウチンゴケとか)を思わせるような並んだ葉っぱ…
 筒状の花…
 反り返る花弁…(あ、でも反り返らないやつもあるようだけど)

そのへんが特徴的だろうか、と思う。

ロケア Rochea Coccinea
ベンケイソウ科 ロケア属
南アフリカ(特別な植生なとこだね)の山岳地帯に4種ある。
日当たりが好きだが高温多湿に弱い。
梅雨時の雨が苦手(←まさに高温多湿だよな)
5℃以上で越冬(室内の日のあたるところ) ←南アフリカの植物らしい…
花には香りがある ←へ~。カランコエには香りがないが、これにはあるのか
言うまでもないが、多年草。

マメ科らしさ

今日はトリフォリウム・ルーベンスという花を調べた。
http://www.botanic.jp/plants-ta/trirub.htm

調べるだけ調べて、きれいさっぱり忘れそうないやな予感がしたので覚書き。
トリフォリウム属=シャジクソウ属で、シロツメクサやストロベリーキャンドル(クリムソンクローバー)と同じ仲間である。

花だけ見るとクリムソンクローバーの品種「ベリーベリー」などにも似てるけど、
葉っぱは全然違う。細長くて、ちょっとルピナスのようだ。
それでも三出複葉。マメ科らしく生きている。

一口メモ:ツルモウリンカなど

■出雲神社には「まこも祭り」ってものがあるらしい。ほおお…

■リュウキュウアサギマダラという蝶の食草の、
ツルモウリンカというガガイモ科の草を初めて知った。
沖縄の植物図鑑がほしいなあ…

そのツルモウリンカという草を、リュウキュウアサギマダラは
羽化し蝶になってからも、吸汁するのだそうだ。
葉にある毒を体内にためこむためである。
おどろいた。
参考
 ↓
科学防衛に関わる物質


このページの写真のツルモウリンカに止まっている蝶も、そういう目的なんだろうか。

それとも雨上がりの水を飲みに?
卵を産みに?

リュウキュウアサギマダラは、ホウライカモメヅルという草も食草にするそうだが、
そちらも知らない。全く調べてない。

…そういえば、ホウライカガミを食草にする蝶も沖縄にいたような…

(オオゴマダラチョウだった。ちっとも覚えてないなあ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。